作業員

24時間風呂で快適な入浴タイム【節約でダブルスマイル】

決して安い買い物ではない

給湯器

トータルコストで考える

給湯器は消耗品です。時間が経過すればその分劣化しやがて交換しなければなくなります。給湯器は決して安いものではありません。そして毎日使用するものです。毎日の使いやすさはもちろんのこと、給湯の能力、そしてイニシャルやランニングコストを総合的に判断して決める必要があります。給湯器を交換する際にはメーカー直営の販売店かホームセンターなど量販店購入することになります。かつてはメーカー直営店は工事の手配も同時に行えるメリットがありましたが、今ではホームセンターなどの量販店でも工事手配が簡単にできるようになりましたので工事関連に関しても差はほとんどありません。一番差のつくポイントは価格です。メーカー直営の場合には価格は高めに設定されています。

適正な給湯能力を見極める

量販店の場合には価格が安く抑えられるメリットがあります。しかし工事業者は量販店指定の業者になるため、メーカーより高くなる場合があります。また取り付ける家の環境によっては別途部品代が発生することも想定しておかなければなりません。また給湯器を選択する際には、その機能も考えておく必要があります。日常生活で使用しますので、給湯能力は生活で使用するお湯の量以上のものを考えておく必要があります。しかし能力が高いものに交換すると電気代などランニングコストが高くなってしまいます。ちょうど良い量の給湯能力を備えた製品を選ぶことが大事になってきます。細菌では暖房設備などを備えたものもあります。同時に交換するのであれば、一つに集約することで安くなる場合もあります。